第6回ベセトハ合唱祭/The 6th BESETOHA Choral Festival 開演の挨拶

(舞台袖にスポットライト、学生二名入場)

 

 みなさま、こんにちは。東京大学音楽部合唱団の石塚と陶山です。
本日は第6回ベセトハ合唱祭にお越しいただき、誠にありがとうございます。
多くの方々のご協力により、こうして演奏会当日を迎えることができました。
Good afternoon ladies and gentlemen. This is Ishitsuka Masateru and Suyama Momoko from The University of Tokyo.
Thank you for your coming to The 6th BESETOHA Choral Festival.
This concert was accomplished with the great supports from many people, and I hereby show the gratitude for those supporters.

 

 このベセトハ合唱祭は、2002年に東京大学とソウル国立大学とで開催したジョイントコンサートをきっかけとして始まりました。
その後北京大学、ソウル国立大学、ベトナム国家大学、そして東京大学の4大学によって、各国持ち回りで2年ごとに開催されており、今では10年以上の歴史をもつ演奏会となりました。
この東京で開催いたしますのは、2004年の第2回合唱祭以来、2回目となります。
8年たってもなお、このように私たち4大学の関係が続き、こうしてまた東京で開催できることを、たいへん嬉しく思います。
This BESETOHA Festival has evolved from the concert "Harmony of Youth" in 2002, which was held in Seoul and Tokyo between two universities -- Seoul National University and The University of Tokyo.
The success of this concert prospered to the plan of the concert among four major universities in Asia by inviting Peking University and Hanoi National University. Every other year, each university hosts the concert in turn, and now the BESETOHA concert has 10 years of history.
It is the second time of the festival in Tokyo since 2004.
We are glad that our friendship has not changed, and that it prolonged for such a long time.

 

 今回は北京大学が不慮の事態により参加することができなくなってしまい、3大学による演奏会となってしまいました。
大変残念なことではありますが、連絡を取りあっていた北京大学の学生たちが、このホールになんとか来られないものかと、直前まで力を尽くしていたことも、また事実です。
彼らのその姿を見て、私たちはこの10年間で築き上げてきた友情の深さを、強く実感するとともに、このベセトハ合唱祭がこれからも続いていくのだということを、確信いたしました。
Unfortunately, this time, it is among 3 universities without Peking University.
Although it is a big pity that they could not join due to the current circumstance, the truth is that the students from Peking University kept making effort till the last minute only to come to this hall.
Considering their effort, we ensured our friendship over 10 years and believe that the BESETOHA will keep going on in the future.

 

 ベセトハ合唱祭を立ち上げた当時の学生によれば、「合唱の価値とは、共に歌う他者の声に耳を傾けること」だそうです。
各国がさまざまな問題を抱えているこのような時代だからこそ、心の距離を縮め、絆を築くことこそが、今私たちにとって最も必要なことではないかと思います。
各国の未来を担う私たち学生が舞台の上で声と心をひとつにし、歌をつくりあげる。
その時間を共有することで、私たち学生だけでなく演奏を聴いていただくみなさまにも、そこに生まれた心のつながりを感じていただければと思います。
Quoting the words from the earliest students who founded the festival, "the virtue of choral music is to 'Listen to others' voices'."
Under the hardship of international affairs, we think it essential to make our hearts closer, and establish the unbreakable link "Kizuna" among us.
This is the very moment that the youth in Asia make one chorus and one harmony, and we would like you to feel such solidarity out of our performance.

 

 それでは、短い時間ではございますが、第6回ベセトハ合唱祭、最後までごゆっくり、お楽しみください。
Our performance begins shortly. Please enjoy The 6th BESETOHA Choral Festival till the end.
Thank you

 

(舞台袖に隠れる直前、客席へ向かって手を振る)