練習について

 ここでは、コールアカデミーの練習の手順についてご説明します。
 練習は平日は2時間強、土曜日は3時間半程で、日によって大きく手順が変わることはありません。

正規練習

 正規練習は週3回。火・金曜日の18時45分〜21時、土曜日の13時〜16時40分です。平日の練習開始は5限後なので安心して講義に出られます。
 また、場所は原則として駒場のコミュニケーションプラザ北館。ただし大学行事の都合によっては、例外的に他の場所で練習することもあります。

体操

 いきなり歌い始めるのは喉によろしくありません。
 まずは体操で体をほぐし、次いで腹筋・背筋に刺激を与えます。
 より豊かな声を出すためには、体幹がしなやかに鍛えられている必要があるのです。

ブレス

 ブレス、すなわち呼吸をコントロールする訓練です。
 俗に「腹式呼吸」が歌に効くといわれますが、ただ腹部に空気を入れればそれでいいのでしょうか。
 そもそも空気は体のどこに入るのか、身体のうち呼吸で使うべき部位はどこか、逆に気を配らなくてもいい部位はあるだろうか……?
 それに演奏中は、必ずしも息を吸いたいタイミングで休符が来るとは限りません。
 休符未満の「一瞬」で吸った空気をどう節約するか、どう呼吸すれば体に負担がかからないのか、そもそも吸う空気を増やすことはできないだろうか……?

 実際に行う訓練は素朴なものですが、ブレスは発声の基礎の基礎。ここをおろそかにはできません。

発声練習

 その後は発声練習に入ります。火・金は宮下先生(後述)の、土曜日は学生指揮者の指揮のもと、全員で行います。
 詳細は秘密ですが、これもブレスと同じく丁寧に行うので、慣れないうちは途中でぼーっとしてしまうかもしれません。
 しかし基礎に重きを置く姿勢こそが、初心者からでも優れた歌い手になれる、コールアカデミーのよき伝統を支えているのです。
 体をどのように使えば、どのような意識を持てばいい声が出るのか。指導を受けながらそれを探っていきます。
 「これだ!」と思えた瞬間は最高ですよ!

宮さん発声

 コールアカデミーでは、宮下正(みやした・ただし)先生をボイストレーナーとしてお招きしています。
 宮下先生がいらっしゃるときは、このタイミングで個別指導が始まり、パート練習・合わせ練習(後述)と並行して行われます。

 東京藝大を卒業後、オペラ歌手として、ボイストレーナーとして、あるいは指揮者として、歌に関する膨大なキャリアを積んでこられた宮下先生。
 変声期やカラオケをきっかけに『クセ』のついた人、吃音や呼吸器罹患歴のある人でも大丈夫です。
「宮さん」が培ってきた長年の経験から、ひとりひとりの個性に合わせた的確なアドバイスが送られます。

パート練習

 少し休憩したら、各パートのリーダーのもと、新たに取り組む曲の「音取り」を行います。
 音取りとは、楽譜を見て、正しい音を正しいタイミングで発声できるように練習すること。つまり、『合』唱を作り上げる最初のステップなのです。
 キーボードなどで正しい音を聞きながら、それにきっちりと合わせてしつこいくらいに繰り返し歌います。

 ちなみにパートの編成ですが、コールアカデミーでは様々な曲に取り組むため、必ずしも一定ではありません。
 曲によっては普段のパートとはまったく違う編成で練習することもあるでしょう。それもオツなものです。

合わせ練習

 パート練習で正確に『音を出せる』ようになったら、音の羅列を『歌』にするべく、全パート揃っての練習を行います。
 まずは全員で繰り返して歌い、曲のもつハーモニーに慣れつつ、ミスしやすいところを探して克服していきます。
 その段階を乗り越えれば、次はいよいよ曲の『表現』。
 指揮者の指示に沿いつつ自分でも試行錯誤しながら、より高いレベルの演奏を求めて練習します。

 合わせ練習は基本的に学生指揮者が指導しますが、スムーズに歌えるようになった段階で、指揮者の先生に来ていただいて練習します。
 その練習は「先生練」と呼ばれ、普段にも増して緊迫した雰囲気が漂います。
 ここで一気に精度を高め、本番に繋げるのです。

ミーティング

 練習の最後には、各役職の担当から連絡事項が伝えられます。それが終わると、締めに学生指揮者からその日の練習の総括があります。
 その日良かった点、悪かった点を整理し、1回1回の練習を有意義なものとするわけです。

その後

 その後は、思い思いの方向へ解散することになります。さっさと帰宅するもよし、仲間達と遅い夕食をとりに行くもよし。
 ご飯となった場合、行き先は裏門出てすぐのラーメン屋や、下北沢の定食屋、渋谷のスパゲッティ専門店など、その場の話し合いで決まります。
 新歓期の間は上級生がおごってくれますので、遠慮なく食べ尽くしましょう。
 上級生達の含蓄のある話、しょうもない話、色々聞けて楽しいですよ。

昼練

 駒場生を対象に昼休み、1号館前で練習をしています。キャンパスに響き渡る歌声は、もはや駒場の名物のひとつ。
 こちらは副学生指揮者である駒場指揮者が練習を取り仕切り、内容はブレス、発声練習と愛唱曲のパート練習が主となっています。

メニュー