曲のレパートリー

 ひとくちに合唱曲と言ってもいろいろありますが、ここではコールアカデミーで主に練習する「男声合唱曲」をご紹介します。
 混声合唱曲やオーケストラつきの曲については、入ってからのお楽しみ!

幅広い愛唱曲

 読んで字のごとく、コールメン(団員たち)が常々歌い親しんでいる曲です。
 新歓合唱祭で演奏する山形県民謡「最上川舟唄」のような勇ましい曲から、団歌であるゲーテの詩曲「野薔薇」のようにじんわり聞かせる曲まで、内容もさまざまです。

 また、団員の中にはドイツ語、フランス語、スペイン語、韓国語、ロシア語、イタリア語、フィンランド語、クロアチア語などの曲を歌える人もいます。
 語学好きの後輩が、そうした先輩を捕まえる光景もときどき見られます。

東京大学の歌

 2004年に制定された、運動会歌「大空と」および応援歌「ただ一つ」の2曲です。
 コールアカデミーは東大「公式」合唱団なので、入学式や卒業式などの大学行事のたびに依頼を受け、在学生代表として演奏します。

合唱組曲

 年に3回行われる演奏会では、しばしば組曲も取り上げます。
 ここ3年間では、松下耕「秋の瞳」、多田武彦「東京景物詩」、千原英喜「カンティクム・サクルム 第1集」、木下牧子「光る刻」などを演奏しました。
 曲集から4〜6曲抜粋して演奏することも多く、いずれにせよ現代の作品に触れる重要な機会です。
 基本的には日本語の組曲を選ぶのですが、直近の例では2007年にかの有名なミュージカル「ウエストサイドストーリー」の曲集を英語で演奏したこともあります。

委嘱初演

 委嘱とは、作曲家の方に依頼して新曲を作っていただくことです。
 コールアカデミーは今まで様々な曲を委嘱初演していて、組曲だけでも次のようなものがあります。

 このうち『法華懺法』『よだかの星』はドイツでの演奏実績があり、『新しい歌』はのちに混声版も作られました。
 重鎮の多田武彦氏、日本合唱界の第一線に立つ信長貴富氏、東大出身の新実徳英氏、新進の北川昇氏、世界で活動する松下耕氏。
 コールアカデミーでは、現代合唱界を代表する方たちの新しい曲も、積極的に演奏しています。

 → ここで紹介していない曲も含めた委嘱曲の一覧はこちらをご覧下さい。

カウンターテナー

 カウンターテナーとは、かつて「女人禁制」だったヨーロッパの教会音楽から生まれた、艶のある裏声で非常に高い音を奏でるパートのことです。
 女性と同じ音域を男性の身体で歌うことで、男声と女声を混ぜたときの微妙なひずみを消し、同じ調性でもより美しい響きを得ることができます。
 そのため、特に中世・ルネサンス期の合唱曲に多用され、コールアカデミーでも定期的に演奏しています。
 これらの曲を練習する際には、古楽研究の権威である有村祐輔先生にたびたびお越しいただき、ご指導を仰いでいます。
 発声についても、有村先生のつてで専門の声楽家の方をお招きする場合があります。
 ちなみに昨年は、16世紀パリジャン・シャンソンや、イタリア・バロックの巨匠クラウディオ・モンテヴェルディのマドリガーレを演奏しました。

 → 説明だけではわかりにくいので、団員有志による演奏サンプルを用意しました。コールアカデミーのメインページで公開しています。

メニュー